So-net無料ブログ作成
検索選択

光エステに挑戦!ES-WH70(Panasonic) レポート①

今回は、Panasonicの新製品、
光と除毛のダブルケアで光エステを実現する
ES-WH70をご紹介していきましょう♪

この2012年春の新製品です。
DSC09594.JPG

こんな感じで入っています。
DSC09595.JPG

なんだかとても魅力的な「光エステ」という言葉、
我が家では実は初耳だったのですが、
実はもう3年以上の製品化実績があるようです。

ちなみに我が家の調べた限りでは、2009年に発売された
美容器「光エステ」ES-WH20から、
その歴史が始まっています。

当時はワキお手入れ用、
「キセノンフラッシュ」の光の刺激で、
ワキの肌の荒れた角質をはがしやすくし、
肌本来のターンオーバが繰り返されることで、
毛穴の盛り上がりや黒いボツボツ(角質の汚れ)を目立ちにくくし、
つるりとなめらかなワキに導くという製品でした。

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090122-1/jn090122-1.html


その技術と効果をより広範囲に簡単に使いやすく、
という視点から生まれてきたのが、
今回ご紹介している新製品、ES-WH70なのです(たぶん)。

ES-WH70では、わきだけでなく、
腕や脚も、全身の気になるところを網羅しています♪
DSC09663.JPG


さてさて、前置きはそのくらいにして、詳しく見ていきましょう。
サイズの把握のために、普通の電気髭剃りを横に置いてみました。
手に持つ部分は、ほぼ同じような大きさです。
DSC09596.JPG


円柱状の本体とは、太目の白いコードでつながっています。
DSC09597.JPG

本体にこんな風にくびれがあり、そこにちょうど
コードを巻きつけて保管できる仕組みです。
DSC09605.JPG

別に電源コードがあり、その長さは1メートルくらいかな。
DSC09599.JPG

こちらは掃除機のそれのように、
本体内にくるくると巻き取れるようになっています。
DSC09598.JPG


これが先端の光を出す部分です。
黒い色に反応するフラッシュで、
使うほどにムダ毛の目立たない
スベスベ肌になるという話なのです!

DSC09600.JPG


これが除毛用の剃刀部分。
これが切、ひっこんでいる状態です。
DSC09601.JPG


このスイッチで入切を操作して
DSC09603.JPG


これは入、飛び出してきましたね。
よく見ると、刃先が丸くなっていて
細かい気配りが見られます。
DSC09602.JPG


さて、それでは実際に試してみましょう♪
DSC09619.JPG


まずはムダ毛をトリマーで剃ります。
DSC09618.JPG


除毛したところに、フラッシュの発光部分を当てていきます。
肌に押し当てるだけで、フラッシュがピカッときます。
DSC09620.JPG

DSC09665.JPG


これは実に手軽、簡単です。
お手入れの手間もほとんどありません。

DSC09664.JPG


さてさて、1か月くらい使用した感想ですが、
正直なところはまだ劇的な効果などは
実感できていません。

が、なんだか効果がありそうな雰囲気というか、
期待感が日に日に増してきている我が家です♪

このES-WH70、しばらく継続的に利用して、
また後日にその効果をご紹介する予定です。

何しろ、楽しみ、楽しみ、なのでした。

ES-WH70 楽天の最新安値情報!

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 2

ヒロ

こんにちは
テーマがすごく幅ひろいですね
ちょっと関連しますが、ナノイービエラって面白いですね
by ヒロ (2012-06-05 16:00) 

sonyandvaiofan

>ヒロさん、
コメントありがとうございます!

ナノイービエラ、
興味深いですよね♪
by sonyandvaiofan (2012-06-05 20:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。