So-net無料ブログ作成
検索選択

グランドスラム テニス 2(PS3 MOVE対応)っていいかも♪

エレクトロニック・アーツ社のPlayStation 3用ゲーム
「EA SPORTS グランドスラム テニス 2」英語版を購入しました。

今回は、その最大のライバルと目される
「Top spin 4」との比較も織り交ぜながら、
GST2(Gland Slam Tennis 2)を詳しくご紹介していきましょう!

DSC00276.JPG


我が家ではもちろん、PlayStation Moveでの
直観的なプレイが目的です。
(ワイヤレスコントローラーでのプレイも可能です)

DSC00278.JPG


我が家では
前作のWii版のGSTも所有していましたが、
基本的な部分の操作はよく似ています。

もっとも前作はWiiがプラットフォームのため
グラフィック面がどうにも弱かったのですが、
今作のGST2ではPS3、そのあたりの不満は
もちろんですが一掃されています♪

----------------------------------

2012年の全豪でベスト8入りした
錦織圭選手も登場します。

DSC00279.JPG


錦織圭選手 VS トゥンガ選手、
全豪のベスト16の再戦としてみましょう。

DSC00280.JPG

----------------------------------
まずゲームの設定ですが、
ゲーム数やセット数、難易度などは

DSC00281.JPG

Top spin 4 と同じように自由に選べます。

DSC00282.JPG


コートは全豪・全仏・全米、ウィンブルドンの
世界四大大会すべてを収録しています。

DSC00283.JPG

我が家の主観ですが、
コート(サーフェス)の違いによるボールスピードの違いをもっとも
感じることができるゲームが、このGST2かもと思います。
(TopSpin4ではあまり意識しませんでした)

DSC00284.JPG

芝のウィンブルドンでは球速が早く、
クレイのフレンチでは遅い、
というのが体感的にわかるような感じです。
(我が家の気のせいでしたらごめんなさい。。。)

DSC00286.JPG

----------------------------------

さてさて、
ゲーム内の錦織圭選手はというと
残念ながら似ていません。。。

本物は二重まぶたのくりっとした瞳ですが、
ゲーム内では一重まぶたの横線のような瞳です。。。

DSC00288.JPG

もっとも、錦織圭選手が
しっかりユニクロのウェアなのは
リアルでうれしいですね♪
DSC00289.JPG

----------------------------------

ゲーム中やトレーニング中は
マッケンローの英語解説が入ります。

これがしばらく聞いていると、
同じフレーズの繰り返しだと残念ながら
気がついてしまいました。
(Wiiの時もそうでしたが)

もっともこれはメニューから
コメンタリーボリュームを

DSC00297.JPG


こんな風に最少にすれば、
消音にしておくことが可能です。
DSC00296.JPG


これで、TopSpin4と同等の
ゲーム中のラケットのヒット音と観客の歓声などだけの
なんとなくストイックな雰囲気にできました。

----------------------------------

では次に、MOVEでの基本的な操作を
トレーニング画面でご紹介していきましょう。

DSC00299.JPG

ちなみにこの枠に収まるような感じで、
MOVEを振り回してプレーします。

DSC00287.JPG


まずはサーブです。

DSC00302.JPG

MOVEをラケットに見立てて、
下に向けてかまえます。
パワーを込めるときは、Tレバーを引きます。

DSC00291.JPG

タイミングをはかって、ボールをヒットします。
白の曲線のピークでヒットすれば、
早くて威力のあるサーブになります。

DSC00293.JPG

TopSpin4よりもサービスエースが
だいぶ出やすいです。

これは実際のテニスマッチに沿っているため、
とてもリアルでいいと思います♪

----------------------------------

次はグラウンドストロークをひととおり。

DSC00304.JPG

フォアハンドとバックハンドは
こんな風にかまえて

DSC00305.JPG

このようにスイングします。

DSC00306.JPG

打球の向かう方向は、
ピンクのスフィアが向いた方向です。

たとえばこの右隅を狙うのであれば

DSC00308.JPG

スイングの終わりにこんな感じで
MOVEのスフィアが向くようにします。

DSC00309.JPG

思いきりスイングしてクロスに打つのは
全く問題なくできるのですが、
ストレートにダウンザラインに打つのが
実はだいぶ難しく感じます。
(WiiのGSTのときと同じ操作ですが、あのときも難しく感じました)


途中でスイングを止めるような感じのモーションが
要求されるストレート狙いは、どうにも難しいのですが、
現在の我が家は必至に練習中です。

TopSpin4では、左ステックで方向を定めていました。
TopSpin4の操作は最初は難しいのですが、
慣れてしまうと任意の方向に打つことができました。

車でたとえると、TopSpin4はマニュアルシフトの純粋なスポーツカー。
GST2はオートマのGT(グランドツーリスト)といった感じでしょうか?


DSC00310.JPG

ちなみに打球のパワーは、
スイング位置に長くとどまり、
振りかぶりを早めに長めに、
などで上げることができるようです。

が、このあたりも、まだまだ練習中。。。

----------------------------------

ショットタイプの打ち分けは、TopSpin4よりも全般的にシンプル、
動作だけで可能なところは素晴らしいです。

フラットショットは、こんな感じ。
DSC00307.JPG

トップスピンは上から下に。
DSC00312.JPG

スライスは下から上に。
DSC00301.JPG

TopSpin4ではスライスショットをMOVEで打つためには
後ろのTキーを押しながらスイングする必要がありました。
GST2では、ここでキー操作が不要、
モーションだけで打ち分けができるのです。

もっとも我が家的には、
アクションが判別しやすいトップスピンとスライスは
容易に打てるのですが、肝心のストレートがあまり打てません。
ストレートのつもりでスイングしても、
トップスピンかスライスで判定されてしまうときが多々あります。


ドロップショットは、スライスのフォームで
このボタンを押しながら、簡単に打てます。
DSC00348.JPG

またロブは、背面のTキーを押しながら、
下から上に振り上げます。
DSC00312.JPG

プレーヤーの移動はこのステック1つだけです。
DSC00350.JPG

TopSpin4では早く動くために
この後ろのボタンも同時に押す必要がありましたが、
GST2ではひとつだけ、ここでもシンプルな操作です。
DSC00351.JPG

全体的にGST2の操作のほうが
複数のボタンを一度に押すことを要求されないため、
そのあたりのストレスはありません。

ただし前述のとおり、スフィアの向きで
打球の方向を思ったとおりにコントロールするのは
なかなか難しいため(我が家的には)
どちらも一長一短だったりします。


ネットプレーはストロークと比べると
だいぶ方向が定めやすい感じがします。

DSC00303.JPG

左を狙いたければ
DSC00313.JPG

左に向かってMOVEの
スフィアを振り下ろす感じです。
DSC00314.JPG

----------------------------------

キャラクターの造形能力は
TopSpin4やVT4と同等か、
ちょっと上かもしれません。

DSC00319.JPG

DSC00321.JPG


最近のゲームはどれもそうですが、
非常にいろいろな要素が変更できて、
我が家では逆に戸惑ってしまうくらいです。

DSC00320.JPG


このGST2で嬉しいところは、
他の方が作成してくれたキャラクターを
ダウンロードして、使えるところです。

DSC00317.JPG

ダウンロードできるプレーヤーを見ていたら、
なんとアンドレアガシを発見!

DSC00318.JPG

さっそくダウンロードして、
急遽使ってみることにしました♪

----------------------------------

我が家の好きなシャワポワと
ダウンロードしたばかりの
アガシの夢の対戦です。
DSC00323.JPG

アガシはたしかTopSpin4のセールスポイントでしたが、
こうしてGST2(Gland Slam Tennis 2)でも
アガシでのプレイが楽しめるのです♪

DSC00325.JPG

日本でも4月に発売されたら、
もっと似ている錦織圭選手やクルム伊達選手を
誰かが作成してアップしてくれるかも。。。

DSC00329.JPG

ゲームのグラフィックはまあまあです。
我が家的にはTopSpin4と同じくらいかなと思っています。

DSC00328.JPG

もちろん両者に細かな違いはありますが、
全体的にはどちらも十分に合格点だと思います。

DSC00330.JPG

しかしこのアガシ、とても似ています。。。
素晴らしい。。。

----------------------------------

ゲームプレイでは、各選手の特徴的なプレイスタイルや動きに加えて、
感情表現までも再現可能にしたP.R.O. AIを採用している、ということです。

シャラポワのあの叫び声が再現されているのが、
我が家的にはうれしいところです♪

DSC00332.JPG

ゲーム画面は通常のこんな感じです。
DSC00341.JPG

TopSpin4では3段階に
ゲーム中の視点が変更できましたが、
GST2では固定のようです。


まだまだアマチュアレベルでゲームしている我が家の場合、
相手サーブはセンターよりが多いのですが、たまにワイドにも来て、
ちょっと反応が遅れるとエースを取られてしまったりします。

DSC00333.JPG


再現シーンは、TopSpin4よりも多彩なカメラ角度が用意されています。
このあたりは、後発の強みですね。

DSC00336.JPG


こんな角度とか
DSC00338.JPG

こんな角度とか
DSC00342.JPG

こんなカメラアングルなど、
いろいろな視点で楽しませてくれます。

これは素直に嬉しいですね。
DSC00344.JPG

というわけで我が家的には、このGST2、
これから末永く楽しんでいこうと思っています。

「EA SPORTS グランドスラム テニス 2」 楽天最新安値情報!


関連エントリー:
「Virtua Tennis 4(=パワースマッシュ4)」対「Top Spin 4」 体感コントローラーで選ぶなら?

「Top spin 4 」英語マニュアルの完全翻訳!(PS3 MOVE完全対応テニスゲーム)

「TopSpin4」体感コントローラーMOVEでプレイ! 〇と△と×は?

「TopSpin4」3D立体視 上品な奥行き感が好印象!

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 1

NAK

おもしろくブログを読み参考になりました。ところで、キャリアモードの難易度(ディフィカルティー)について質問します。マイテニス→セッティング→ルールズ→ディフィカルティー→プロと設定してもキャリアモードではルーキーの難易度のままとなり、プレイしてもWIIのグランドスラムで上達したせいか簡単に勝ってしまい、あまりよい運動になりません。どのように設定することによりキャリアモードの難易度がPROとなるのでしょうか。よろしくお願いいたします。
by NAK (2015-09-08 21:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。