So-net無料ブログ作成
検索選択

UGGブーツ(正規品と怪しげ品徹底比較)クラッシックトール 2010~2011年モデル

UGGブーツの「本物」と「偽物疑い品」の徹底比較、第3弾です。

今回は、全く同一タイプで比較することができました。
どちらも2010秋冬~2011年モデル。
クラシックトール、サイズUS7、チョコレートカラーです。

DSC08354.JPG

ぱっと見では、正直なところ判別できません。
果たして、細かいところはどうでしょうか?まずは箱の比較から。
サイズは同じですが、プリントの色が異なります。

左側が正規品です。
DSC08355.JPG

これは箱の裏側、左側が正規品です。
DSC08356.JPG


箱の側面を比較してみましょう。
下が日本国内の正規品です。
DSC08357.JPG


ステッカーのアップ、こちらは疑惑品。
DSC08358.JPG

ステッカーのアップ、こちらは国内正規品。
こちらは、CLASSIC の前に 「W」とあります。
DSC08359.JPG

箱のステッカーのホログラムは
2010年秋冬からの模造対策ですが、
疑惑品と正規品、どちらにも貼られています。
DSC08360.JPG


この箱のホログラムステッカーでの判別は、
正直なところ難しい気がします。


--------------------------------------


次に、UGGブーツ、本体に移りましょう。
左側が正規品です。
DSC08361.JPG


これは上から。左側が正規品です。
ぱっと見は、ほんとうに区別できません。
DSC08362.JPG

これは正面から。左側が正規品です。
DSC08363.JPG


そしてこれはソール。
2009年から、太陽ソールになりました。
正規品はもちろんですが、疑惑品も同じ形状です。
もうソールの形状での、判別はできないようです。
DSC08364.JPG


ちなみに日本国内の正規品では、
ソールにステッカーが張ってあります。
DSC08365.JPG


ただし日本国外で販売されている正規品を
平行輸入した場合などは、
もちろんこのステッカーはつきません。
またステッカーそのものは、簡単に偽造や張替えが可能です。
そのため、このステッカーの有無で、判別するのも難しいのです。


--------------------------------------

かかとのタグはどうでしょうか?
DSC08366.JPG

太陽マークの型押し(地模様)は、2010年秋冬から導入されたものですが、
このとおり、もう判別には残念ながら役立ちません。
(左が正規品です)
DSC08367.JPG


ブーツ内のホログラム付タグは、
わずかに違いが見られます。

両者ともにホログラムはついているのですが、
正規品ではタグが袋とじ、輪の形で縫い付けられています。
DSC08369.JPG

いっぽう疑惑品では、タグがペラ留めです。
また正規品にはある、シープスキンという表示がありません。
(Made in CHINA とサイズ表記だけです)
DSC08368.JPG


また、よく見ると、縫製にも違いがありました。

こちらは疑惑品。
パイピングの糸の色が、正規品と比較すると、やや濃いです。
DSC08370.JPG

こちらは、正規品です。
(写真ではわかりにくいのですが、実物を並べてみるとよくわかります)
DSC08371.JPG


また、一番の違いは、やはり履き心地です。

正規品は、ソールがやわらかいです。
疑惑品は、ソールが硬く、底付き感があります。
クッション感が正規品と比べると明らかにかけています。

DSC08372.JPG


--------------------------------------


個体差はあるかもしれませんが、
ブーツの重量を測ったところ、おもしろい結果になりました。

まずこれは疑惑品の左右。
DSC08373.JPG

DSC08374.JPG


こちらは正規品の左右。
DSC08375.JPG

DSC08376.JPG


正規品のほうが重量があります。
また、左右の重さの差が少なめでした。

--------------------------------------

以前から興味のあった、
毛を燃やすとどうなるかにも、
今回は挑戦してみました。
DSC08379.JPG

都市伝説のようなネット上の情報によると、
正規品は灰になり、手でつぶすと粉になります。
模造品はビニールのため、溶けてなくなります。

ところが我が家での実験結果は、
残念ながらそのような判別はできませんでした。。。
DSC08380.JPG


正直なところ、WEBなどでの購入時に、
見本写真や説明文で模造品を判別するのは
とても難しい状況なのです。
DSC08377.JPG


やっぱり模造品をつかまない最良の方法は、
正規取扱店からの購入、これに限ると思う我が家なのでした。


--------------------------------------


日本国内の通販で、UGGオーストラリアを公式に扱っているお店のリスト
(UGG® Australia の正規販売店オンラインショップとして、いずれも推奨されています)

GOLDWIN WEB STORE

ビンゴランナー UGGトップページ

ジャックオーシャンスポーツ UGGトップページ

ケイト88  UGGトップページ

ムラサキスポーツ シューズトップページ

ライプ UGGトップページ

シューショップミズ UGGトップページ

シュープラネット UGGトップページ

ソラ UGGトップページ

アップフィールド UGGトップページ



nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 3

ブルーデイジー

参考になりました。
「しゅん。。。。。」となっちゃいましたが(笑)
by ブルーデイジー (2011-01-21 16:58) 

sonyandvaiofan

>ブルーデイジー さん、

コメント&Nice、
ありがとうございました!
by sonyandvaiofan (2011-01-21 21:11) 

セキュリティステッカー

箱のステッカーは本当に素晴らしいです
by セキュリティステッカー (2014-10-14 09:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。