So-net無料ブログ作成

KDL-46X2500 「電子番組表」を徹底研究!

BRAVIAのX2500シリーズのレビュー、
今回は番組表を詳しく見ていきましょう。

ちなみに
V2500、S2500、A2500シリーズも
同じようなリモコン付属、
たぶん同じような「番組表」表示です。

デジタル時代には欠かせない
オンスクリーンの番組表、
リモコンの「番組表」ボタンを押すだけで
表示できます。

番組表画面、
一般的な時間別の表示です。



黄色のカラーボタンを押せば、
チャンネル別の番組表示になります。



緑のカラーボタンで放送を切り替えます。
地上デジタル→BSデジタル→CSデジタル→地上アナログ
と順に回ります。

赤のカラーボタンを押すと、
時刻別の表示のまま、翌日の時間帯にジャンプします。

-------------------------------------------------

それでは、
我が家の以前の液晶WEGA、
KDL-L40HVXと比較してみましょう。

2面前のKDL-L40HVX、
番組表はこんな感じ
ダブルチューナのため、
番組表の中でも子画面で映像を流せます。



正直なところこの頃から、
ほとんど表示形式は進歩がないような・・・

------------------------------------------------

X2500の番組表、
一覧性では使いにくいなあと
感じてしまう場面もあります。

たとえばこんな感じ。

同じ放送局の番組が複数並び、
他の放送局の番組がスクロールをしないと
見えません。

2つのチャンネルしか表示できていないのです・・・


1つのチャンネルだけしか
表示できない場合まで・・・

------------------------------------------------

番組録画も合わせて紹介しておきましょう。

録画したい番組を選択
今回は「24のシーズン4」を試してみます。


決定ボタンで選択して、


録画決定


TV側はこれだけです。

録画は、シンクロ録画とAVマウスが選べます。
事前に、設定画面で選んでおきましょう。




もちろんどちらもSD画質での出力、
ハイビジョン録画はできません。

ハイビジョン画質の録画には、
デジタルチューナーを持つ
ハイビジョンレコーダーが必要です。

XMBだったKDL-L40HVXのような
快速な操作感とはいきませんが、
ストレスを感じるほど遅いわけでもありません。

リモコンでの操作感覚は、
ごく普通です。

表示されるフォントもごく普通、
読みにくさはありませんが、
高精細感もありません。

---------------------------------------------------

それでは、
他社の薄型TVの「番組表」
も覗いてみましょう。

パイオニアの“ピュアビジョン”
この番組表、なかなか力が入っています。

8チャンネル分を1画面、大きな文字でより多くの情報を表示です。
大画面・高精細を活かしきっているのです。


東芝のレグザZ2000
見やすい番組一覧表で表示です。
大きめの表示エリアに6チャンネル5時間分を表示。
文字サイズ切換や高速ページ切換などもできるのです。

特にフルHDモデルのZ2000、
電子番組表の文字画素数を4倍にアップし、
視認性が大幅向上です。




テレビ番組を見ながら、裏番組の確認や録画予約ができる、
2時間EPG表示も新採用なのです。


------------------------------------------------

もっとも
BRAVIAにも同じような機能はありました。

こんなかんじで、
視聴中に他局の番組名がわかります。




その番組が、どこまで進んでいる(終わってしまった)のかを表示する
横棒はなかなか親切、気がきいています。


------------------------------------------------

さて、KDL-46X2500の「番組表」
正直な感想です。

基本性能はしっかり押さえていて、
メニューや操作性もまあまあ、
悪くはないのですが・・・

他社と比較してしまうと、
なんとなく物足りない気分、
どことなく満たされない想いになるのは
我が家だけ?

ハイビジョンレコーダーを別に購入すれば、
そちらの番組表から録画設定することになり
TVの番組表の使用頻度は減りますが・・・

衛星ダウンロードから
ファームウエアのアップデートとかで直せるならば、
やっぱりなんとかしてほしいなあ・・・



関連記事:

http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/
KDL-46X2500 ソニースタイルでの購入手順

http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/216
415049円でKDL-46X2500購入可能!3年保証付(実質価格シミュレーション) 

http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/215
333835円でKDL-40X2500購入可能!3年保証付(実質価格シミュレーション) 

購入や詳細な情報はこちらから↓

iconicon

Sony Styleロゴ_468_60

本文章は、WEB、カタログ、マニュアルなどの情報に、
我が家の環境での使用感想を加えて作成しています。
最新情報、不明点、疑問点、操作方法、互換性などは、
必ずメーカーに直接ご確認くださいね。

参照ページ:
http://pioneer.jp/pdp/technology/usability.html
http://www.regza.jp/product/tv/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。